廃棄物の回収についてまとめたインフォメーションサイト

廃棄物に関する基礎知識

不用品回収事業を立ち上げることを考えている場合、法人であれ、個人事業主であれ産業廃棄物と不用品(いわゆる一般廃棄物)に対しての基本知識を備えておかなければなりません。

なぜなら、産業廃棄物と不用品の性質的な近似性から法的な境界が曖昧な部分があり、廃棄物全般に対する知識が欠如したまま事業を立ち上げてしまうと、産業廃棄物と不用品の見分けがつかず、知らず知らずのうちに法を犯し、違法業者になってしまうという、致命的な失敗につながる可能性が少なからずあるためです。

このようなリスクを避けるためにも、産業廃棄物と不用品の相違点をきちんと理解し、事業の立ち上げに備えましょう。

産業廃棄物は二〇種類の法令指定廃棄物と特別管理産業廃棄物、一般廃棄物は家庭系一般廃棄物と事業系一般廃棄物、特別管理一般廃棄物にそれぞれ分かれていますが、産業廃棄物は事業の過程で生じた法令指定廃棄物を指す一方、一般廃棄物は事業とは関係のない廃棄物を指し、二〇種類の法令指定廃棄物が含まれている場合も、家庭ゴミであれば一般廃棄物に類されます。

ちなみに、産業廃棄物と一般廃棄物の関係をややこしくしている要素の一つである、事業系一般廃棄物は、業務上で生じたゴミの中でも事業内容との関わりが薄い廃棄物を指し、飲食店や量販店で生じるメモ紙をはじめとした、事業活動に伴い発生する廃棄物がその主な対象ですが、業種によっては産業廃棄物になるものがあるなど、やはり事業系一般廃棄物は要注意対象なのです。

TOPへ戻る