廃棄物の回収についてまとめたインフォメーションサイト

産業廃棄物と不用品の相違点

基本的な産業廃棄物の定義

日本において、廃棄物は基本的に一般廃棄物と産業廃棄物に二分され、ゴミの種類と排出条件を加味して国が分類しています。

一般廃棄物と産業廃棄物の区分は至ってシンプルで、事業活動で発生した二〇種類の法令指定廃棄物が産業廃棄物に区分され、それ以外の廃棄物が一般廃棄物に区分されるわけですが、二〇種の法令指定廃棄物は事業規模の大小による排出量の多寡を焦点とはしておらず、事業の操業によって生じる廃棄物は産業廃棄物に属するものが大多数を占めるものの、業種による相違で例外的に事業系一般廃棄物に属する廃棄物も存在するため、業種に合わせた知識は不可欠であり、事業の操業に当たっては産業廃棄物の取り扱いを事前にしっかりと理解しておくことが欠かせません。

産業廃棄物を取り扱うために必要なもの

産業廃棄物の取り扱いに当たって、日本では事業主に対して産業廃棄物運搬用車両と産業廃棄物処理用施設並びに、それらを操業する資格を有した適性数の人材を要していることを前提条件として求めており、これらの前提条件を踏まえた上で、事業を継続的に操業することを視野に、経理能力や産業廃棄物関連の知識や技能をはじめとした能力を申請事業主自身が満たすことを要求されることになります。

産業廃棄物関連の基礎知識は別として、必要な申請は産業廃棄物処理の業種別許可証(全四種の内業務内容に即したもの)が挙げられ、経営者や従業員が要求される技能を満たす資格としては、業種別技術管理者講習会修了、大型自動車免許、日商簿記検定二級、危険物取扱者資格(最低乙四)などが候補となりますが、あくまで目安であり業種ごとに相違が生じることは避けられません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る