廃棄物の回収についてまとめたインフォメーションサイト

不用品回収業の主な業務と必要資格

不用品回収業ってどんな仕事

不用品回収業は廃品回収業と混同されがちですが、廃品回収業者が廃棄物を取り扱えず、いわゆるリサイクル品に当たる有価物の取扱しかできないのに対して、不用品回収業者はリサイクル不能な資源性の乏しい廃棄物を含めた取り扱いが可能であるという点で違いがあります。

不用品回収業と廃品回収業は取り扱い可能な物品に違いこそあるものの、業務内容としては大きな差はなく、各家庭で生じたゴミである廃棄物を有料もしくは無料で回収し、メンテナンスによってリサイクルショップの商品として再販可能な有価物と商品価値が極めて低い単なる廃棄物をそれぞれ法令に従って取扱い利益を上げることが基本で、この商品価値が極めて低い単なる廃棄物を取り扱えるのが不用品回収業の独自性でしょう。

主に不用品回収業で必要とされる資格など

不用品回収業を開業するためには、申請必要な許可である一般廃棄物収集運搬業許可・産業廃棄物収集運搬業許可・古物商許可の三つと、運搬用の大型車両を取り扱うための大型自動車免許が最低限必要となりますが、三つの許可の中でも一般廃棄物収集運搬許可は地域住民生活に密接な関わりを持つことから、新規事業者が入り込む余地のない一種の寡占状況にあるため許可を取ることが困難で、小規模な法人や個人事業主はほぼ取得ができないとみておくのが無難ですが、産業廃棄物収集運搬業許可と古物商許可は比較的容易に取得が可能です。

なお、産業廃棄物を取り扱う場合は、更に必要な申請や受講しなければならない講座、必要資格が増加することになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る