廃棄物の回収についてまとめたインフォメーションサイト

不用品回収業における産業廃棄物の扱い

産業廃棄物の大まかな分類

廃棄物は大まかに産業廃棄物と一般廃棄物の二種類に大分類され、更に廃棄物の種類に応じて、産業廃棄物が二通り、一般廃棄物が三通りに小分類、そこから更にといった具合に枝分かれしていきます。

この内、産業廃棄物の二通りに当たる小分類は、事業の操業で生じた法令指定廃棄物二〇種と特別管理産業廃棄物に類されており、法令指定廃棄物は、燃えカス・汚泥・廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック・ゴムクズ・金属クズ・ガラスクズ(及びその他クズ類)・鉱滓・瓦礫・煤塵・紙クズ・木クズ・繊維クズ・動植物性残渣・動物系固形不要物・動物の糞尿・動物の死体・産業廃棄物処理の過程で発生した産業廃棄物に細分化され、特別管理産業廃棄物は、法令指定廃棄物の中でも爆発性や毒性に加えて感染性などを有し、人体に有害であるか環境汚染を及ぼす可能性を持つものが属しています。

不用品回収業で取り扱い可能な産業廃棄物

一般に廃品回収業者であっても産業廃棄物を取り扱うためには然るべき申請と各種施設を要し、産業廃棄物の取り扱いを行う場合は、国による基準を満たすことが求められることから産業廃棄物の取り扱いは、大規模な資本を擁する法人による経営である場合を除けば不可能です。

一般廃棄物収集運搬業許可と産業廃棄物収集運搬業許可、古物商許可さえあれば、事業系一般廃棄物(業種によって異なるため注意を要する)に限っては取り扱い可能となりますが、一般廃棄物収集運搬業許可は、極めて申請が通りにくいのが実情であり、実質的にはほぼ取り扱い不可能と考えておいて間違いありません。

例外的に過疎状態にある地方部では申請許可を取得できる可能性がありますが、大規模な法人との競合が生じてしまうと、小規模な法人や個人事業主では、まず太刀打ちできないでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る